世界文化遺産

賀茂別雷神社

[上賀茂神社]

麻と精神文化  

-Hemp of Spirits in Japan-

2016/07/02-03

[sat/sun]  

10:00~18:00

「人」×「麻」×「地球」=   麻アースデイ

わたしたちは平和的で創造的な未来をつくる動きのひとつとなるように、「麻地球日(麻アースデイ)」を開催いたします。伝統的な京都の歴史の土壌の上に、新たな社会の価値を見出し、息吹を吹き込む。地球の健やかな循環のために、「人」と「麻」と「地球」をつなぐ日。わたしたちできることを考え、共有する日を「麻地球日」とします。

世界の先進国、具体的には日本以外のG7、約40カ国で産業利用され、バイオマス資源の象徴的作物。医療、エネルギー、スーパーフード、建材など。5万にものぼると言われるプロダクトを作れる事ができ、無限にも近い可能性を持ちながら、まだ日本ではその存在価値が充分に認知されていない「麻」

 

日本人の伝統的、生活様式の中で多岐に渡り、使われ、当たり前にある身近な存在だった「麻」を再興し、現代に蘇らせるため、伝統文化のさらなる調査研究、産業用資源としての経済活性化、新しい産業を産みだすための提案を講演、展示、ワークショップ、関連動画上映、マーケット等を通して行う。 

 

本来伝統的にあった麻の存在にまだ気づいていない、多くの人に認知していただくため、既にこの可能性にお気づきの方には、協力、応援していただく、周知、体験イベントを日本人の精神文化、伝統文化の根源を担う、世界遺産である上賀茂神社にてこれを開催する。 

新着情報
麻地球日とつながる

「麻地球日 本祭  Hemp Earth Day」は、麻という植物の可能性にスポットを当て、日本古来から深く生活や精神文化と繋がっていた伝統の麻文化を可視化、体感できるような表現で多くの方に知っていただくために様々な手法で企画しております。

 

特に貴重な伝統文化財を京都をはじめ日本中から収集しての展示は、私たちの祖先がどのような生活を紡いできたのか、そのこころまで垣間みることのできるような展示となることでしょう。
また、それを継承しようとするさまざまなひとの思いや、麻という植物そのものの可能性を、学術的な情報を用いて多くの方にお伝えすることを目的としています。

 

NPO法人日本麻協会と地元京都の麻地球日実行委員会の共催というかたちで執り行うこの企画は、伝統文化を再興させたい、持続可能なバイオマス資源としての象徴的な麻という植物の有用性や必要性を拡散したい有志によって成り立つ、手作りのフェスティバルです。


人にも地球にもやさしいこの植物が多くの方の手によって繋がり、さらに拡がることを理想とし、実現するためには、みなさまからのお力添えが必要です。
世界遺産である賀茂別雷神社(上賀茂神社)での麻地球日の開催が、日本の麻文化の再興と未来の麻産業の更なる発展に寄与することができる存在として役割を果たさせてください。


みなさまからのご支援によってこのイベントは創造されます。
何卒、この主旨に共鳴していただける、多くのみなさまのご協力をお待ちしております。

 

「麻地球日とつながる」は、当フェスティバルをサポートしてくださる皆様ドネーションシステムです。麻地球日 本祭開催をご支援いただけるだけではなく、伝統ブース入場の優先権や、麻地球日が収集した情報が詰まった記念ブックレット、ヘンプスイーツコンテストの審査員権、麻を使った製品の提供等、来場していただく方にも、そうでない方にも様々な特典をお楽しみいただけます。

詳細は決定次第更新いたします。

© 2023 by MICHELLE MEIER ARCHITECT. Proudly created with Wix.com